« メルセデス、2017年仕様ワイドタイヤをテスト | トップページ | 2017年暫定F1カレンダー(9/06) »

2016/09/07

フェラーリ、次戦シンガポールで積極的タイヤ戦略

Singapore (C)Ferrari S.p.A
拡大します
王者メルセデスAMGチームを追い詰める戦闘に立ってきたフェラーリ・チームだが、その座をレッドブル・レーシングに奪われてすでに3戦を経過した。
しかし次戦シンガポールGPでのタイヤ戦略において、よりアグレッシブな姿勢をみせている。

ピレリタイヤが用意したシンガポールGPでのタイヤ選択によれば、昨年同様決勝レースではスーパーソフトとソフトタイヤを最低1セットずつ使用することが義務付けられた。
しかし今年は新たにウルトラソフトが用意されたことから、その選択に注目が集まっていたもの。

それによれば、メルセデスAMG、レッドブルらがいずれもウルトラソフトを7セット選択したのに対し、フェラーリ勢は9セットを選択しているという。
ちなみにいつも保守的なタイヤ選択をするフォース・インディアではウルトラソフトは6セットに留めている。

|

« メルセデス、2017年仕様ワイドタイヤをテスト | トップページ | 2017年暫定F1カレンダー(9/06) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/64169746

この記事へのトラックバック一覧です: フェラーリ、次戦シンガポールで積極的タイヤ戦略:

« メルセデス、2017年仕様ワイドタイヤをテスト | トップページ | 2017年暫定F1カレンダー(9/06) »