« バトン(マクラーレン)、マレーシアでGP300戦目に | トップページ | 大幅改修でマレーシアGP迎えるセパン・サーキット »

2016/09/28

『アップル』のマクラーレン買収話はすでに破綻か

McLaren Technology Center (C)McLaren Group
拡大します
総額10億ポンド(約1,310億円)にも達すると言われた米IT大手『アップル』社によるマクラーレン・チームの買収話だが、イギリス・メディアによればどうやらすでに交渉は破綻したようだ。
これについては両社ともに正式なコメントはしていないが、マクラーレン・チームのスポークスマンは「現在、協議中ではない」と、微妙な言い廻し。

イギリスの著名モータースポーツ・ジャーナリストであるジョー・サワード氏が説明するところによれば、「過去に両社間でコンタクトがあったのは事実としても、すでに協議は破綻している」とのことだ。

F1から派生する先端技術は、単にモーターレーシング界に留まらずいま各界から熱い視線を浴びている。

|

« バトン(マクラーレン)、マレーシアでGP300戦目に | トップページ | 大幅改修でマレーシアGP迎えるセパン・サーキット »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/64267994

この記事へのトラックバック一覧です: 『アップル』のマクラーレン買収話はすでに破綻か:

« バトン(マクラーレン)、マレーシアでGP300戦目に | トップページ | 大幅改修でマレーシアGP迎えるセパン・サーキット »