« 『パナソニック』、フォーミュラEチームのスポンサーに | トップページ | チームもF1株式購入が可能の方向に »

2016/09/09

エクレストン氏はアメリカ市場への展開期待

Bernie Ecclestone (C)RedBull Racing
拡大します
これまで『CVCキャピタル』が主要株主だったF1は、今回の買収により新オーナーである『リバティ・メディア』を迎えるが、これにより会長としても新たにチェイス・キャリー氏を頂くことになった。

なお依然として一部F1株式の所有者であるバーニー・エクレストン氏は、FOM(フォーミュラ・ワン・マネージメント)代表であると共に引き続きF1のCEO(最高経営責任者)としてその職務を続けることになっている。
そのエクレストン氏は新体制について次のように期待をみせた。

「もうこの歳だが、いましばらく現在の職務を継続することになった。
私に課せられているのはこれまで通りF1全体の利益に鑑み、主催者やサーキット、それに各国のテレビ局などとの交渉に当たることだろう。
加えて、新たなオーーナーがアメリカにスタンスを置く会社であることから、とりわけアメリカ市場の開拓に期待したい」

|

« 『パナソニック』、フォーミュラEチームのスポンサーに | トップページ | チームもF1株式購入が可能の方向に »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/64178160

この記事へのトラックバック一覧です: エクレストン氏はアメリカ市場への展開期待:

« 『パナソニック』、フォーミュラEチームのスポンサーに | トップページ | チームもF1株式購入が可能の方向に »