« マレーシアではトロ・ロッソが意欲的なタイヤ戦略 | トップページ | ウィリアムズ・チーム、「ベルト・トラブル」に困惑 »

2016/09/21

シューマッハ家弁護士、法廷で悲しい証言

Schumacher Flag (C)Mercedes Motorsports
拡大します
世界中のファンからその奇跡的回復が望まれている元7回のF1チャンピオンであるミハエル・シューマッハ氏だが、その容態についての報道を巡り、家族には悲しい証言が行われた。

同氏がスイス・レマン湖畔の自宅に戻って以来、家族はその回復状況について「高度なプライバシーに属するもの」として一切のコメントを避けてきた。
しかし先頃、地元ドイツの週刊誌『ブンテ』は「シューマッハが医療スタッフの助けを借りて歩行することができた」との一方的な報道をしたことが裁判で争われたもの。

シューマッハ家の弁護士は、「残念ながらそうした報道は誤りで、まだシューマッハ氏は歩行することができていない。
当然のこと裁判では真実が解明されなければならないが、われわれはこうしたことを法廷で証言しなければならないことに深い悲しみと憤りを感じている」と、家族の意向を代弁した。

稀代のF1チャンピオンがゲレンデでの思わぬ事故に遭ってから、すでに3年近くが経過した。

|

« マレーシアではトロ・ロッソが意欲的なタイヤ戦略 | トップページ | ウィリアムズ・チーム、「ベルト・トラブル」に困惑 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/64234239

この記事へのトラックバック一覧です: シューマッハ家弁護士、法廷で悲しい証言:

« マレーシアではトロ・ロッソが意欲的なタイヤ戦略 | トップページ | ウィリアムズ・チーム、「ベルト・トラブル」に困惑 »