« 長谷川祐介氏(ホンダ)、「望外の結果」に手応え | トップページ | FIA、レース再開手順を調査へ »

2016/09/19

事故のヒュルケンバーグ(F・インディア)、「避けられなかった」

Nico Hulkenberg (C)Sahara Force India F1
拡大します
18日(日)行われたシンガポールGP決勝のスタート直後にクラッシュ・大破、リタイアを喫したフォース・インディアのニコ・ヒュルケンバーグは、「事故は避けられなかった」と、述懐した。

好調なスタートを切ったヒュルケンバーグはポジションを上げるべく好位置を占めたが、その直前のフェルスタッペン(レッドブル)が失速、これを避けるための行動によりクビアト(トロ・ロッソ)と接触、さらにウォールにヒットしてマシンを損傷させたもの。
シンガポールGPのスチュワードはこのアクシデントについて審議対象としたが、ドライバーに責任は認められなかったとしてペナルティ等を科すことはなかった。

「事故はもちろん故意に起こした訳じゃない。
追突するのを避けるため、止むを得ないものだったんだ。
当初はサインツにぶつかったとされたみたいだけど、接触したのはクビアトのほう。
もちろん彼にも責任はないよ。
残念だけどしかたない、これがモーターレーシングというもの」と、説明した。

|

« 長谷川祐介氏(ホンダ)、「望外の結果」に手応え | トップページ | FIA、レース再開手順を調査へ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/64224778

この記事へのトラックバック一覧です: 事故のヒュルケンバーグ(F・インディア)、「避けられなかった」:

« 長谷川祐介氏(ホンダ)、「望外の結果」に手応え | トップページ | FIA、レース再開手順を調査へ »