« シンガポールGPの週末はいずれも雨の予報 | トップページ | バンドーン(マクラーレン)、「アロンソに勝って力証明」 »

2016/09/15

2017年のバトン(マクラーレン)、『スーパーGT』に関心も

Jenson Button (C)Ex.Brawn GP F1 Team
拡大します
2017年シーズン、F1レースドライバーとしてのポジションから外れることを表明しているマクラーレン・ホンダ・チームのジェンソン・バトン(36歳:イギリス)だが、日本の人気シリーズである『スーパーGT』への関心を示して注目されている。

来季は同チームのテスト&リザーブドライバーであるストッフェル・バンドーン(24歳:ベルギー)にシートを譲ることになっているバトンは、2018年の現場復帰を否定していないが、年齢等を考えるとあまり現実的ではない。

2017年は基本時には休養をほのめかしているものの、他のカテゴリーへの参戦はあり得ない話ではない。
これまで、ラリーへのチャレンジやアスリートとしてトライアスロンへの挑戦が噂に挙げられてきたが、これが事実であれば来年は日本にスタンスをおくことになる。
日本でも人気があるバトンのこと、実現すればファンは喜ぶことだろう。

|

« シンガポールGPの週末はいずれも雨の予報 | トップページ | バンドーン(マクラーレン)、「アロンソに勝って力証明」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/64206330

この記事へのトラックバック一覧です: 2017年のバトン(マクラーレン)、『スーパーGT』に関心も:

« シンガポールGPの週末はいずれも雨の予報 | トップページ | バンドーン(マクラーレン)、「アロンソに勝って力証明」 »