« 2017年暫定F1カレンダー(9/28) | トップページ | アロンソ(マクラーレン)、マレーシアGPで新P/U投入へ »

2016/09/30

ホンダ、「2017年はメルセデスAMG並のパワーに」

Powered by Honda (C)Honda Racing
拡大します
F1参入の遅れから、これまで様々な厳しい条件下に置かれて苦戦を続けて来たホンダだが、F1レギュレーションが再び大きく変更される2017年には期待を持っているようだ。

これについてホンダF1プロジェクト総責任者の長谷川祐介氏は、イギリスの専門誌『F1レーシング』に対し次のように語っている。

「レギュレーションが変更されみんなが同じスタートラインに着く2017年はチャンス。
われわれは馬力面で(F1最強の)メルセデス製パワーユニットにも匹敵できると考えている。
すべの面で同等以上というのは難しいにしても、遜色ないレベルにある筈だ」と、自信をみせた。

具体的な面では、現行のタービンとコンプレッサー収納型のレイアウトから、メルセデスと同様のパワーユニットの前方にコンプレッサーを、またタービンを後方に配置するものを考えているとみられる。

これについてマクラーレン・チームのエリック・ブイユ/レーシング・ディレクターも、「例え難しいものであっても、勝てるコンセプトがあるのならそれにチャレンジしなければならない。
われわれはホンダの進化に大いに期待している」と、同じ方向性であることを示唆した。

|

« 2017年暫定F1カレンダー(9/28) | トップページ | アロンソ(マクラーレン)、マレーシアGPで新P/U投入へ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/64277567

この記事へのトラックバック一覧です: ホンダ、「2017年はメルセデスAMG並のパワーに」:

« 2017年暫定F1カレンダー(9/28) | トップページ | アロンソ(マクラーレン)、マレーシアGPで新P/U投入へ »