« メルセデスのスタート問題、「責任追及より問題解決」 | トップページ | フェラーリ、次戦シンガポールで積極的タイヤ戦略 »

2016/09/07

メルセデス、2017年仕様ワイドタイヤをテスト

Pirelli 2017 Tyre (C)Mercedes Motorsports
拡大します
イタリアGP終了直後の6日(火)、メルセデスAMGチームは2017年仕様のピレリタイヤテストをフランスのポールリカール・サーキットでスタートさせた。
テストは3日間の予定で、初日のドライバーはパスカル・ウェーレイン(21歳:ドイツ)が担当。
ウェーレインは現在マノー・レーシングのレースドライバーだが、本来メルセデスAMGの経験豊富なテストドライバーでもある。

マシンは2年落ちとなるメルセデスAMGの2014年型『W05』を2017年レギュレーションでのダウンフォースに合わせたという改良型。
2017年タイヤは現在より大幅にトレッド幅が拡大されるため、テスト前にはその比較撮影が行われた。
なおテストで得られたデータは公平を期し、すべてのチームで共有されるとのことだ。

|

« メルセデスのスタート問題、「責任追及より問題解決」 | トップページ | フェラーリ、次戦シンガポールで積極的タイヤ戦略 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/64169254

この記事へのトラックバック一覧です: メルセデス、2017年仕様ワイドタイヤをテスト:

« メルセデスのスタート問題、「責任追及より問題解決」 | トップページ | フェラーリ、次戦シンガポールで積極的タイヤ戦略 »