« グロージャン(ハース)、「青旗がレースの障害」 | トップページ | オコン(マノー)はカーナンバー31を選択 »

2016/08/16

『プルタミナ』(インドネシア)、マノーのスポンサー離脱

Pertamina logo
インドネシアの国営石油会社である『プルタミナ』のスポークスマンは、マノー・レーシングのスポンサーから離脱することを明らかにした。

既報のように、マノー・レーシングは今季これまで12戦に出走しリオ・ハリアント(22歳:インドネシア)をレースドライバーから外し、リザーブドライバーへの降格を発表している。
その原因はハリアントが持ち込むスポンサー資金の不足とされていて、とりわけ最大の支援者であるプルタミナからの資金が途絶えたためとみられている。
それでも同選手が引き続きチームに残ったことで同社もマノーのスポンサーに残留するものとみられていた。

同社はハリアントの脱落に「落胆した」との異例のコメントを発表しているが、これにより来季ハリアントを取り巻く環境にも影響が出そうだ。

|

« グロージャン(ハース)、「青旗がレースの障害」 | トップページ | オコン(マノー)はカーナンバー31を選択 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/64066538

この記事へのトラックバック一覧です: 『プルタミナ』(インドネシア)、マノーのスポンサー離脱:

« グロージャン(ハース)、「青旗がレースの障害」 | トップページ | オコン(マノー)はカーナンバー31を選択 »