« セパン・サーキット、コース改修で新たなチャレンジ | トップページ | ウィリアムズ・チーム、現場は現体制継続を希望 »

2016/08/22

ミハエル・シューマッハ、容態が好転か

M.Schumacher & L.Montezemolo (C)Ferrari S.p.A
拡大します
少し前、その容態が悪化したとの報道が流れ、家族が抗議した元7回のF1チャンピオン、ミハエル・シューマッハ氏(47歳:ドイツ)だが、実態はむしろ好転しているとの見方が伝えられている。

これはイタリアの一部メディアが報じたもので、それによればシューマッハ氏は家族の呼び掛けに反応しているとのこと。
ただこれについて医師団や家族は公式にコメントしていない。

これを受け、長年の盟友でもあった元フィアット/クライスラー・グループ総帥のルカ・モンテツェモロ氏は、「とてもうれしい。
彼は決して並のアスリートなんかじゃない。
不可能と思われる回復だって、彼ならできると私は確信している。
いまはまだ無理かも知れないが、やがて意識を取り戻した彼が必ずや子どもたちの成長に目を細めることになるだろう」と、回復への期待を明らかにした。

ミハエル氏の息子ミック君(17歳)がF4レースで成功していることは知られているが、娘のジーナさん(19歳)も馬術競技で活躍を続けているとのことだ。

|

« セパン・サーキット、コース改修で新たなチャレンジ | トップページ | ウィリアムズ・チーム、現場は現体制継続を希望 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/64093804

この記事へのトラックバック一覧です: ミハエル・シューマッハ、容態が好転か:

« セパン・サーキット、コース改修で新たなチャレンジ | トップページ | ウィリアムズ・チーム、現場は現体制継続を希望 »