« インドネシア・スポーツ省、落胆の意表明 | トップページ | 救済されたザウバー、それでも冠スポンサー探し »

2016/08/13

ピレリ首脳、バーレーンをシーズン前テストに希望

Bahrain Circuit (C)Mercedes Motorsports
拡大します
F1タイヤは2017年シーズンからワイドタイヤ化するということで、シーズン中にも複数のテスト、さらに来季開幕前にも定例のシーズン前テストが行われる予定だが、これについてピレリ・モータースポーツのポール・ヘンベリー/ディレクターがタイヤ製造者の立場から提言を行っている。

「今年はスペインのバルセロナ・サーキットを舞台にシーズン前テストが行われたが、この時期のヨーロッパはまだ寒く、シーズン中のグランプリとは気温が違いすぎてほんとうのタイヤテストにはならない。
だからわれわれは以前行われていたようにバーレーン・サーキットでテストを行うことを希望している。
中東であれば十分に暖かく、タイヤのための適切なテストが行えるからだ。
チームにとってはわざわざお金と時間を掛けて遠隔の地で……という言い分もあるだろうが、ぜひ検討してもらいたい」と、ヘンベリー氏。

バーレーンでは2014年までシーズン前テストが行われていたが、この時も遠征コストを理由に参加を辞退したチームが複数あった。

|

« インドネシア・スポーツ省、落胆の意表明 | トップページ | 救済されたザウバー、それでも冠スポンサー探し »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/64050880

この記事へのトラックバック一覧です: ピレリ首脳、バーレーンをシーズン前テストに希望:

« インドネシア・スポーツ省、落胆の意表明 | トップページ | 救済されたザウバー、それでも冠スポンサー探し »