« ホンダ、ベルギーGPで7つのトークン使用 | トップページ | ベルギーGPフリー2回目、準ホームのフェルスタッペン最速 »

2016/08/26

ベルギーGPフリー1回目、アロンソ(マクラーレン)トラブル

Force India Halo (C)Sahara Force India F1
拡大します
26(金)午前、夏休み明け後半の初戦・ベルギーGPが開幕、まずはフリー走行1回目セッションが行われた。
セッション開始時の気温は24度、路面温度26度、湿度は59%で路面はドライコンディションと報告されている。
なおこのセッションでは4チームが2018年から導入予定のハロー(頭部保護装置)をテストすることになっている。
また既報のようにマノー・レーシングではこれまでのリオ・ハリアントに代わり、ルノー・チームのテスト&リザーブドライバーを務めていたエステバン・オコン(19歳:フランス)が今回から参戦している。

まずトップとなったのはメルセデスAMGチームのニコ・ロズベルグ。
ベストタイム1'48.348を記録してチームメイトのハミルトンを0.730秒凌駕した。
ハミルトンは今回のベルギーGPでのエンジン交換を決めたため、合わせて15番グリッドの降格になる見込み。
3番手ライコネン(フェラーリ)、4番手ペレス(フォース・インディア)、5番手ベッテル(フェラーリ)、6-7番手レッドブルのリカルド&フェルスタッペン、8番手ヒュルケンバーグ(フォース・インディア)、9番手ボタス(ウィリアムズ)、10番手にはなんとグティエレス(ハース)が食い込んだ。

マクラーレン・ホンダのバトンは18番手、なおチームメイトのアロンソ(マクラーレン)はマシントラブルかわずか3ラップしただけで最後までガレージに閉じこもったまま。
唯一このセッションでノータイムに終わっている。
またパーマー(ルノー)も終盤にトラブルを訴えスロー走行でガレージに戻った。

ベルギーGPフリー走行1回目の結果はこちら
ベルギーGPの画像はこちら

|

« ホンダ、ベルギーGPで7つのトークン使用 | トップページ | ベルギーGPフリー2回目、準ホームのフェルスタッペン最速 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/64113851

この記事へのトラックバック一覧です: ベルギーGPフリー1回目、アロンソ(マクラーレン)トラブル:

« ホンダ、ベルギーGPで7つのトークン使用 | トップページ | ベルギーGPフリー2回目、準ホームのフェルスタッペン最速 »