« マクラーレン、メルセデスAMGとの間で人事訴訟 | トップページ | ザウバー、2017年マシン開発遅れに焦燥も »

2016/08/20

カピート氏、ベルギーGPでマクラーレン・チーム帯同へ

Jost Capito (C)VW Motorsports
拡大します
ロン・デニス/マクラーレン・グループCEO直属であるマクラーレン・レーシングの新CEO(最高経営責任者)への就任が見込まれているヨースト・カピート氏が、次戦ベルギーGPで同チームに初めて帯同することがわかった。

同氏は後任が見つかるまで現職であるフォールクスワーゲンのモータースポーツ・ディレクターを務めることになっているが、今週行われる第9戦ドイツラリー(8月19日-21日)が最後になることが明らかにされたもの。
つまり翌週に行われるベルギーGPではフォルクスワーゲンから解放されることになった。

上層部の人事異動が直ちに現場の成績に結びつく訳ではないが、来シーズンの飛躍を期待するマクラーレン・チームにとっては力強いファクターになりそうだ。

|

« マクラーレン、メルセデスAMGとの間で人事訴訟 | トップページ | ザウバー、2017年マシン開発遅れに焦燥も »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/64084278

この記事へのトラックバック一覧です: カピート氏、ベルギーGPでマクラーレン・チーム帯同へ:

« マクラーレン、メルセデスAMGとの間で人事訴訟 | トップページ | ザウバー、2017年マシン開発遅れに焦燥も »