« エステバン・オコン、マノーはルノーへの正念場 | トップページ | ウィリアムズ副代表、ボタスの残留に期待感 »

2016/08/19

ランボルギーニ首脳、「F1復帰、最優先事項ではない」

Lamborghini (C)Lamborghini_S.p.A
拡大します
これまで再々噂に挙がっているスポーツカーの名門『ランボルギーニ』社によるF1復帰話だが、同社でCEO(最高経営責任者)を務めるステファーノ・ドメニカリ氏があらためてこれを否定、期待する向きを失望させている。

言うまでもなく、ドメニカリ氏はフェラーリがかつてF1黄金時代を築いた当時の中心人物。
期待が高まるのは止むを得ないところ。
しかし同氏はイタリア国内メディアの取材に対し、「いまはスポーツカーの世界でも電気自動車への移行など技術的に大きな変革期にある。
いまわれわれはこの世界で実績を残していて、新たに巨額資金を掛けてF1を模索する理由はない。
残念ながら、F1はわれわれにとって優先すべき事項ではないと言っておくよ」と、F1ファンにとってはつれない回答を繰り返した。

|

« エステバン・オコン、マノーはルノーへの正念場 | トップページ | ウィリアムズ副代表、ボタスの残留に期待感 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/64079643

この記事へのトラックバック一覧です: ランボルギーニ首脳、「F1復帰、最優先事項ではない」:

« エステバン・オコン、マノーはルノーへの正念場 | トップページ | ウィリアムズ副代表、ボタスの残留に期待感 »