« チーム批判抑え、ネコになったグティエレス(ハースF1) | トップページ | セパン・サーキット、コース改修で新たなチャレンジ »

2016/08/21

「サンタンデル」、F1スポンサー規模縮小の見込み

Santander (C)Ferrari S.p.A
拡大します
かつてはマクラーレン・チームの、また現在はフェラーリ・チームの主要スポンサーとして、さらにグランプリの冠スポンサーを務めるなどF1に大きな支援を行ってきたスペインの大手銀行『サンタンデル』だが、どうやらそのスポンサー規模が縮小される見通しになっている。

というのも、このほど同社がスペインサッカーの1部リーグ『リーガ・エスパニョーラ』のタイトル・スポンサーに就くことになったからだ。
契約金額は2016-17シーズンからの3年間で総額6千万ユーロ(約69億円)にも達すると報じられていて、これにより同リーグは『ラ・リーガ・サンタンデル』になるとのこと。
フェラーリ・チームとのF1での現在の契約は2017年まであるが、これによりその後は継続したとしても縮小になるとみられている。

なお本来、同社は自国の英雄フェルナンド・アロンソの支援とみられていたが、同選手のフェラーリ離脱後もそのまま残っている状態になっている。

|

« チーム批判抑え、ネコになったグティエレス(ハースF1) | トップページ | セパン・サーキット、コース改修で新たなチャレンジ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/64088937

この記事へのトラックバック一覧です: 「サンタンデル」、F1スポンサー規模縮小の見込み:

« チーム批判抑え、ネコになったグティエレス(ハースF1) | トップページ | セパン・サーキット、コース改修で新たなチャレンジ »