« ジーン・ハース代表、「フェラーリとの技術提携不十分」 | トップページ | ルノー・チーム、ボタス(現ウィリアムズ)と交渉中 »

2016/08/09

メルセデスAMG、ユニークなベルギーGPのタイヤ選択

Pirelli Tyre (C)McLaren Group
拡大します
目下2016年のF1をリードするメルセデスAMGチームが、夏休み明け初戦となる次戦ベルギーGP(8月28日決勝)のタイヤ選択で、他チームとは異なるユニークな方針をみせている。

現在F1タイヤを独占供給するピレリタイヤによれば、上位を争う3チームの中でレッドブル・レーシングが6セット、フェラーリ・チームが7セットものスーパーソフト・タイヤを選択しているのに対し、メルセデスAMGチームの二人は全チームの中でも最少となる4セットしか選択していないという。

その分メルセデスAMGデュオはソフトタイヤを多く確保していて、ロズベルグは5セット、ハミルトンは6セットで全ドライバー中最多となっている。

この選択が果たして功を奏すかは、決勝レース当日になって初めて答が出る。

|

« ジーン・ハース代表、「フェラーリとの技術提携不十分」 | トップページ | ルノー・チーム、ボタス(現ウィリアムズ)と交渉中 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/64032441

この記事へのトラックバック一覧です: メルセデスAMG、ユニークなベルギーGPのタイヤ選択:

« ジーン・ハース代表、「フェラーリとの技術提携不十分」 | トップページ | ルノー・チーム、ボタス(現ウィリアムズ)と交渉中 »