« 『プルタミナ』(インドネシア)、マノーのスポンサー離脱 | トップページ | フェラーリ、アリソン離脱は「家庭の事情」 »

2016/08/16

オコン(マノー)はカーナンバー31を選択

次戦ベルギーGP(8月28日決勝)よりマノー・レーシングからのF1デビューが決まったエステバン・オコン(19歳:フランス)は、自身のカーナンバーについて『31』を選択したことがわかった。

これはオコンが自身のツイッターで明らかにしたもの。
資金不足からレースシートを失った前任のリオ・ハリアントは『88』を付けていたが、こちらは規定により2年後の2018年最終戦まで保護されることになる。

Sebastian Vettel (C)Redbull Racing
拡大します
なお前年のチャンピオンは栄光のカーナンバー1を付ける権利があるが、この制度がスタートしてからの前年チャンピオンであるセバスチャン・ベッテルは『5』を、ルイス・ハミルトン(メルセデスAMG)は『44』を選択していて一度も使われていない。

また2014年に事故死したジュール・ビアンキが使用していた『17』は、彼の死後永久欠番とされている。

|

« 『プルタミナ』(インドネシア)、マノーのスポンサー離脱 | トップページ | フェラーリ、アリソン離脱は「家庭の事情」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/64066792

この記事へのトラックバック一覧です: オコン(マノー)はカーナンバー31を選択:

« 『プルタミナ』(インドネシア)、マノーのスポンサー離脱 | トップページ | フェラーリ、アリソン離脱は「家庭の事情」 »