« カピート氏、ベルギーGPでマクラーレン・チーム帯同へ | トップページ | チーム批判抑え、ネコになったグティエレス(ハースF1) »

2016/08/20

ザウバー、2017年マシン開発遅れに焦燥も

Monisha Kaltenborn (C)Sauber Motorsport
拡大します
ハンガリーGP前にスイスのIT&金融会社『ロングボウ・ファイナンス』に資本救済されたザウバー・チームだが、それでも財政状況が完全に改善された訳ではなく、2017年マシンの開発にも遅れが出ていることがあらためて明らかにされた。

「残念ながら、すべての問題が解決された訳ではなく、これまでの財政的制約によってプログラムに遅れが生じていることは否めません。
現在全力を挙げて遅れの取り戻しに当たっていますが、困難な面があることは承知しています」と、モニシャ・カルテンボーン/CEO。

それでも2017年の大幅なF1レギュレーションの変更はザウバーにとってチャンスであると相変わらず強気な姿勢は崩さなかった。

|

« カピート氏、ベルギーGPでマクラーレン・チーム帯同へ | トップページ | チーム批判抑え、ネコになったグティエレス(ハースF1) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/64084553

この記事へのトラックバック一覧です: ザウバー、2017年マシン開発遅れに焦燥も:

« カピート氏、ベルギーGPでマクラーレン・チーム帯同へ | トップページ | チーム批判抑え、ネコになったグティエレス(ハースF1) »