« ボタス(ウィリアムズ)、空力改善の効果に懐疑的 | トップページ | ロズベルグ(メルセデス)、「たとえ1点でも上は上」 »

2016/07/17

マクラーレン・ホンダT/Dに日本選手太刀打ちできず

Stoffel Vandoorne (C)McLaren Group
拡大します
マクラーレン・ホンダ・チームのテスト&リザーブドライバーで、2015年にはF1登竜門であるGP2シリーズ・チャンピオン、そして今年は日本の最高峰スーパー・フォーミュラに参戦するストッフェル・バンドーン(24歳:ベルギー)が、その実力を垣間見せた。

これは16日(土)に富士スピードウェイで行われた全日本スーパーフォーミュラ選手権でバンドーンが初のポールポジションを獲得したもの。
今年すでにアロンソの代役としてバーレーンGPに参戦、みごとチームに今季初ポイントをもたらせた逸材は、ここでも如何なくその実力の片鱗を披露してみせた。
(本シリーズには小林可夢偉や中嶋一貴ら日本人元F1ドライバーも参戦中)

すでにその能力を高く評価されているバンドーンは、来季F1レースドライバーに昇格するとの噂も高い。

関連ニュースはこちら

|

« ボタス(ウィリアムズ)、空力改善の効果に懐疑的 | トップページ | ロズベルグ(メルセデス)、「たとえ1点でも上は上」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/63926100

この記事へのトラックバック一覧です: マクラーレン・ホンダT/Dに日本選手太刀打ちできず:

« ボタス(ウィリアムズ)、空力改善の効果に懐疑的 | トップページ | ロズベルグ(メルセデス)、「たとえ1点でも上は上」 »