« フェラーリ、またロス・ブラウン氏に秋波 | トップページ | M.フェルスタッペンに『ロレンツォ・バンディーニ賞』 »

2016/07/21

ハミルトン(メルセデス)、新P/U投入時期は自身の判断で

Mercedes V6 F1 Engine (C)Mercedes Motorsport
拡大します
今シーズンのF1レギュレーションでは一人当たりのエンジン使用数が年間5基までと決められていて、これをオーバーした場合には予選グリッド10番降格のペナルティを受けることになっている。

しかし先のイギリスGPで首位のロズベルグに1点差にまで迫ったメルセデスAMGチームのルイス・ハミルトンはターボチャージャーやMGU-H等ですでに上限に達していて、いずれ近い時期に新しいパワーユニットの投入が必至となっている。
これについてハミルトンは、2基同時の投入の可能性を示唆。
ペナルティを受けることになるその時期については自分自身が判断する意向を明らかにした。

というのも、レギュレーションでは「一つのレースで複数のペナルティを犯した場合にはグリッド最後尾になる」ことが決められているからだ。
そこで敢えて2基を同時に投入したとしてもペナルティは予選最後尾まで。
ただそれをどのグランプリで受け入れるかはチャンピオンシップ争いで重要な局面を担うことになるため、判断を自ら行うとするものだ。

|

« フェラーリ、またロス・ブラウン氏に秋波 | トップページ | M.フェルスタッペンに『ロレンツォ・バンディーニ賞』 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/63944310

この記事へのトラックバック一覧です: ハミルトン(メルセデス)、新P/U投入時期は自身の判断で:

« フェラーリ、またロス・ブラウン氏に秋波 | トップページ | M.フェルスタッペンに『ロレンツォ・バンディーニ賞』 »