« FIA、ウェット時のスタート方法変更を提案 | トップページ | ドイツGPフリー3回目もロズベルグ(メルセデス)最速 »

2016/07/30

長谷川祐介氏(ホンダ)、「良い感触に近づいている」

長谷川 祐介 (C)McLaren Group
拡大します
ドイツGP初日のフリー走行を終え、ホンダF1プロジェクト総責任者の長谷川祐介氏は、「決勝レースに向け良い感触に近づいている」と、手応えを明らかにしている。

「今日のフリー走行では両セッション共、パワーユニット、そしてシャシー面のセットアップに集中することができた。
ここホッケンハイムリンクは(昨年の開催がなかったので)われわれホンダにとって初めてのサーキットなので、フリー走行はデータの微調整でエンジニアは忙しい作業を強いられた。
幸い大きなトラブルもなく、ラップを重ねるごとにサーキットに適した感触に近づけることができたと思っている。
なお午後のセッション中にバトンが片目に違和感を感じたため、確認のため病院で検査を受けたが、異物の除去を行うだけで済み良かった。
今夜はいつもの通り忙しい晩になると思うが、エンジニアの努力に期待している」

|

« FIA、ウェット時のスタート方法変更を提案 | トップページ | ドイツGPフリー3回目もロズベルグ(メルセデス)最速 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/63986639

この記事へのトラックバック一覧です: 長谷川祐介氏(ホンダ)、「良い感触に近づいている」:

« FIA、ウェット時のスタート方法変更を提案 | トップページ | ドイツGPフリー3回目もロズベルグ(メルセデス)最速 »