« FIA、2017年のハロー(頭部保護装置)導入延期 | トップページ | 予選中にWイエローなら赤旗中断に »

2016/07/30

バトン(マクラーレン)の痛みは目の損傷

Jenson Button (C)McLaren Group
拡大します
29日(金)行われたフリー走行セッション中、マクラーレン・チームのジェンソン・バトンがメディカルセンターに行ったとされた原因は当初伝えられたような火傷ではなく、目の痛みだったことがわかった。

バトンはマンハイムの病院で処置を受けたということで、チームの説明によればカーボンの小さな破片と思われるものが目に入ったとみられるとのことだ。

思わぬ「障害」で周回を制限されたバトンだが、「土曜日のフリー走行で挽回し、公式予選ではトップ3に次ぐ4番手目のチーム(グリッド7-8番手に相当)になるのが目標」と、前向きなコメントを語っている。

|

« FIA、2017年のハロー(頭部保護装置)導入延期 | トップページ | 予選中にWイエローなら赤旗中断に »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/63985610

この記事へのトラックバック一覧です: バトン(マクラーレン)の痛みは目の損傷:

« FIA、2017年のハロー(頭部保護装置)導入延期 | トップページ | 予選中にWイエローなら赤旗中断に »