« 107%タイム条項に抵触も、全車救済される | トップページ | ハンガリーGPのグリッドは予選結果通り »

2016/07/24

ロズベルグ、イエロー下の速度低減認められる

Nico Rosberg (C)Mercedes Motorsports
拡大します
23日(土)行われたハンガリーGP公式予選Q3で、アロンソ(マクラーレン)がスピンしたことによるイエローコーション下で、ニコ・ロズベルグ(メルセデス)が減速しなかったのではないか、との疑義があったことから、同グランプリのレーススチュワード(競技委員)は詳細なデータ確認を行った結果、約4時間後、減速の事実があったことを正式に確認した。

これはロズベルグのテレメトリーを検証したもので、ロズベルグが一瞬スロットルを戻していると認定されたもの。
なおもしもこの時のロズベルグのタイムが無効となった場合、ポールポジションはハミルトン(メルセデス)の手になるケースだった。

|

« 107%タイム条項に抵触も、全車救済される | トップページ | ハンガリーGPのグリッドは予選結果通り »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/63958266

この記事へのトラックバック一覧です: ロズベルグ、イエロー下の速度低減認められる:

« 107%タイム条項に抵触も、全車救済される | トップページ | ハンガリーGPのグリッドは予選結果通り »