« 初入賞ウェーレイン(マノー)、「素晴らしいご褒美」 | トップページ | 今季最高位バトン(マクラーレン)、「チーム素晴らしい仕事した」 »

2016/07/04

長谷川祐介氏(ホンダ)、「勇気づけられるレース結果」

長谷川 祐介 (C)McLaren Group
拡大します
オーストリアGPで6位入賞を果たしたホンダF1プロジェクト総責任者の長谷川祐介氏は、「スタッフ全員にとってとても勇気づけられるレース結果になった」と、喜びを表した。

「今日のレースでバトンは中団グループの中でも十分に速さを発揮し、(3位スタートという)予選ポジションを活かして期待通りの入賞を果たしてくれた。
このパワーサーキットと言われるレッドブルリンクのコースでも、われわれマシンとチームの強みを披露でき、十分に納得のいくレース・パフォーマンスを見せられることができた。
一方、アロンソのほうは残念ながらバッテリーパックのシステム・フェイルが検知され、安全性を考慮してリタイアを選択した。
次戦のイギリスGPはわれわれにしとって最初のホームレースとなるのでこの勢いで臨みたい」

|

« 初入賞ウェーレイン(マノー)、「素晴らしいご褒美」 | トップページ | 今季最高位バトン(マクラーレン)、「チーム素晴らしい仕事した」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/63867050

この記事へのトラックバック一覧です: 長谷川祐介氏(ホンダ)、「勇気づけられるレース結果」:

« 初入賞ウェーレイン(マノー)、「素晴らしいご褒美」 | トップページ | 今季最高位バトン(マクラーレン)、「チーム素晴らしい仕事した」 »