« レッドブル首脳、「メルセデスとの勝負はこれから」 | トップページ | まだクラッシュの後遺症に悩むアロンソ(マクラーレン) »

2016/07/26

ハンガロリンクでの決勝は、 今シーズン最も高い路面温度に (ピレリ)

(C)Pirelli Motorsport
拡大します
2016 ハンガリーグランプリ  決勝
・予測通り、2 ストップ戦略が主流 キミ・ライコネン、独自の戦略で14 番グリッドのスタートからポイントを獲得

2016 年 7 月 24 日、ハンガロリンク
最高路面温度が 54℃に達する、今シーズン最も暑いコンディションの下、ハンガリーグランプリ決勝が行われ ました。

大半のドライバーがスーパーソフトでスタートし、より耐久性のあるソフトコンパウンドで後続の 2 スティントを走 行しました。これとは異なる戦略を採った最上位ドライバーは、フェラーリのキミ・ライコネンでした。ライコネンは ソフトタイヤでスタートし、後続の 2 スティントをスーパーソフトで走行しました。スーパーソフトは、ソフトよりもラップあたり 1 秒以上速い性能を示していました。

メルセデスのルイス・ハミルトンが、今シーズンの折り返し点となるこのレースを制しました。2 番グリッドからス タートしたハミルトンは、スタート直後に奪ったトップの座を、チームメイトのニコ・ロズベルグの猛追を受けなが らも、最後まで維持しました。ロズベルグは、しばしば 1 秒を切る差までハミルトンに詰め寄っていました。また、 レッドブルのダニエル・リカルドとフェラーリのセバスチャン・ベッテルとの間でも、激しい表彰台争いが展開されました。

ピレリ・モータースポーツ・ダイレクター ポール・ヘンベリーのコメント: 「昨日午後の豪雨から一転、今日の決 勝のコンディションは、今シーズンで最も高い路面温度となりました。ドライバーたちは、予選での雨の影響で温 存できた新品タイヤを最大限に活用していました。チャレンジングなコンディションの下、誰もがスタートからフィ ニッシュまでプッシュし続け、予測通り 2 ストップ戦略が主流となりました。数名のドライバーが独自の戦略を用 いて、ファイナルラップまで果敢にポジションアップに挑んでいました。レッドブルとフェラーリ間の僅差のバトル は特に際立っていました」

ピレリジャパン・プレスリリース

コンパウンド毎のラップタイム上位:
  ミディアム   ソフト  スーパーソフト
1 ペレス 1 分 26 秒 466 ロズベルグ 1 分 23 秒 670 ライコネン 1 分 23 秒 086
2 バトン 1 分 26 秒 755 ハミルトン 1 分 23 秒 849 クビアト 1 分 24 秒 669
3 マッサ 1 分 26 秒 940 ベッテル 1 分 24 秒 383 マッサ 1 分 25 秒 296

最長スティント:
ミディアム 40 周(マッサ)
ソフト 37 周(リカルド)
スーパーソフト 24 周(マグヌッセン)

Truthometer:
70 周で争われるレースで、2 ストップ戦略が主流となりました。我々が予測した最速戦略は、スーパーソフトで スタートし、12 周でソフトへ、41 周でソフトへ交換する 2 ストップ戦略でした。ハミルトンは、同様の戦略を採りな がらも、予測よりも長いスティントを走行し、21 周目と 46 周目にピットストップを行いました。

|

« レッドブル首脳、「メルセデスとの勝負はこれから」 | トップページ | まだクラッシュの後遺症に悩むアロンソ(マクラーレン) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/63969143

この記事へのトラックバック一覧です: ハンガロリンクでの決勝は、 今シーズン最も高い路面温度に (ピレリ):

« レッドブル首脳、「メルセデスとの勝負はこれから」 | トップページ | まだクラッシュの後遺症に悩むアロンソ(マクラーレン) »