« ドイツGPのスチュワードにエマーソン・フィティパルディ氏 | トップページ | ドイツGPの週末はドライの見込み »

2016/07/29

M.アリバベーネ代表(フェラーリ)の主張、覆る

Ferrari Prancing Horse (C)Ferrari S.p.A
拡大します
今シーズン、メルセデスAMGチーム最大のライバルと目されながら、ここまでまだ1勝もできず。
王者に太刀打ちできないばかりかランキング2位の座もレッドブル・レーシングに脅かされるフェラーリ・チームだが、マウリツィオ・アリバベーネ代表はこれまで体制変更の噂を頑なに否定してきた。
ところが今回、技術部門の責任者であるジェームズ・アリソン/テクニカル・ディレクターが噂通り離脱したことで残念ながらその主張は覆された感じだ。

以下は、離脱発表直前までアリバベーネ代表が語っていた言葉。
「フェラーリはF1でも特別な存在で、勝っても負けてもニュースにされる。
それは光栄なことだが、無責任な批判や憶測は迷惑なこだ。
マシンが思うように走らなければ、責任者(テクニカル・ディレクター)が追求されるし、放出と噂されたライコネンの残留を決めれば今度はベッテルがチームに馴染んでない、などとまた新たな噂が出る。
頼むからわれわれに穏やかに仕事をさせて欲しいものだ」

そのアリバベーネ代表が今のポジションに就いたのもアリソン氏と同じく2014年のことだ。

|

« ドイツGPのスチュワードにエマーソン・フィティパルディ氏 | トップページ | ドイツGPの週末はドライの見込み »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/63980960

この記事へのトラックバック一覧です: M.アリバベーネ代表(フェラーリ)の主張、覆る:

« ドイツGPのスチュワードにエマーソン・フィティパルディ氏 | トップページ | ドイツGPの週末はドライの見込み »