« ハミルトン(メルセデス)、クラッシュの原因は「縁石」 | トップページ | ハンガリーGP予選Q1、雨で3度の赤旗中断 »

2016/07/23

ハンガリーGPフリー3回目、フェルスタッペン好タイム

Nico Rosberg (C)Mercedes Motorsports
拡大します
23日(土)午前11時(日本時間:午後6時)から、注目の公式予選を前にハンガリーGPのフリー走行3回目セッションが行われた。
セッション開始時の天候は気温25度、路面温度43度、湿度は66%で路面はドライコンディションと報告されている。

今回赤旗中断に至るようなクラッシュ等はなかったものの、4コーナー、11コーナーに新設された『トラックリミット電子検知』により多くのドライバーにコース外走行が通知されるケースが目立ち、予選での走行にプレッシャーが掛かりそうだ。

途中車内のオーバーヒートが伝えられガレージで作業となったハミルトン(メルセデス)に代わり、ロズベルグ(メルセデス)が1'20.261のトップタイム。
しかしこれにフェルスタッペン(レッドブル)がわずか0.002秒の僅差で肉薄してみせ驚かせた。
3番手はリカルド(レッドブル)、4番手ハミルトン、5-6番手にライコネン&ベッテルのフェラーリ勢、7番手アロンソ(マクラーレン)、8番手ボタス(ウィリアムズ)、9番手ペレス(フォース・インディア)、10番手にはルノーのパーマーがつけた。
ルノーはマグヌッセンも12番手と健闘、マクラーレンのバトンは13番手だった。

ハンガリーGPの画像はこちら

|

« ハミルトン(メルセデス)、クラッシュの原因は「縁石」 | トップページ | ハンガリーGP予選Q1、雨で3度の赤旗中断 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/63956059

この記事へのトラックバック一覧です: ハンガリーGPフリー3回目、フェルスタッペン好タイム:

« ハミルトン(メルセデス)、クラッシュの原因は「縁石」 | トップページ | ハンガリーGP予選Q1、雨で3度の赤旗中断 »