« ドイツGPフリー1回目、上位5チームがトップ10形成 | トップページ | FIA、2017年のハロー(頭部保護装置)導入延期 »

2016/07/29

ドイツGPはフリー2回目もメルセデスAMG勢最速

Nico Rosberg (C)Mercedes Motorsports
拡大します
ドイツGP初日は引き続き午後2時(日本時間:午後9時)から、フリー走行2回目セッションが行われた。
セッション開始時の気温は25度、路面温度41度まで上昇、湿度は56%で路面はドライコンディションと報告されている。

このセッションでも最速だったのはメルセデスAMGで、トップはロズベルグの1'15.614。
これに僚友ハミルトンが0.394秒差で続いた。
3番手ベッテル(フェラーリ)、4-5番手フェルスタッペン&リカルドのレッドブル勢、6番手ライコネン(フェラーリ)、7番手ヒュルケンバーグ(フォース・インディア)、8番手バトン(マクラーレン)、9番手ペレス(フォース・インディア)、そして10番手にアロンソ(マクラーレン)が入った。

気掛かりはバトン(マクラーレン)がコクピット内で火傷を負った模様でメディカルセンターに趣いたと伝えられていること。
明日・土曜日にはフリー走行3回目と注目の公式予選が予定されている。

ドイツGPフリー走行2回目の結果はこちら
ドイツGPの画像はこちら

|

« ドイツGPフリー1回目、上位5チームがトップ10形成 | トップページ | FIA、2017年のハロー(頭部保護装置)導入延期 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/63984384

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツGPはフリー2回目もメルセデスAMG勢最速:

« ドイツGPフリー1回目、上位5チームがトップ10形成 | トップページ | FIA、2017年のハロー(頭部保護装置)導入延期 »