« オコン(ルノー)&ルクレール(ハース)らフリー起用へ | トップページ | ドイツGPはフリー2回目もメルセデスAMG勢最速 »

2016/07/29

ドイツGPフリー1回目、上位5チームがトップ10形成

Fernando Alonso

29日(土)午前10時(日本時間:午後5時)から、2週連続開催となったドイツGPのフリー走行1回目セッションが行われた。
セッション開始時の天候は気温23度、路面温度33度、湿度は65%で路面はドライコンディションと報告されている。
既報のように、ルノー・チームではパーマーに代わりエステバン・オコン(19歳:フランス)が、またハースF1ではグティエレス(ハース)に代えてチャールズ・ルクレール(18歳:モナコ)が起用されている。
なお、今日はアロンソ(マクラーレン)の35回目の誕生日で、セッション前にはスタッフからヘルメットを模したバースデーケーキがプレゼントされ祝福されていた。

ここでも最速だったのはメルセデスAMG勢。
ロズベルグが1'15.517のタイムでトップ、これに0.326秒の差でハミルトンが続いた。
3-4番手にはベッテル&ライコネンのフェラーリ勢、5-6番手はレッドブル・レーシングのフェルスタッペン&リカルド、7-8番手にマクラーレン・ホンダのアロンソ&バトン、そして9-10番手にトロ・ロッソのクビアト&サインツが並び、みごとに5チーム10台がトップ10を形成。
2年ぶりのホッケンハイム、そしてまだフリー走行1回目とはいえ、今のF1勢力図が早くも描かれた様相だ。
なお代替起用のオコン(ルノー)は20番手、ルクレール(ハース)のほうは17番手だった。
この後午後2時(日本時間:午後9時)からフリー走行2回目セッションが行われる。

ドイツGPフリー走行1回目の結果はこちら
ドイツGPの画像はこちら

|

« オコン(ルノー)&ルクレール(ハース)らフリー起用へ | トップページ | ドイツGPはフリー2回目もメルセデスAMG勢最速 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/63983509

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツGPフリー1回目、上位5チームがトップ10形成:

« オコン(ルノー)&ルクレール(ハース)らフリー起用へ | トップページ | ドイツGPはフリー2回目もメルセデスAMG勢最速 »