« 今回も続いたバトン「ホームグランプリの不運」 | トップページ | ハロー(頭部保護装置)導入、2018年に延期説も »

2016/07/10

イギリスGPスターティンググリッド

イギリスGPのレーススチュワード(競技委員)はベッテル(フェラーリ)のギヤボックス交換による5グリッド降格ペナルティにより修正された日曜日のスターティンググリッドを次のように発表した。
なお予選不出走だったエリクソン(ザウバー)は最後尾からのスタートを許可されている。

1. ハミルトン(メルセデス)
2. ロズベルグ(メルセデス)
3. フェルスタッペン(レッドブル)
4. リカルド(レッドブル)
5. ライコネン(フェラーリ)
6. ボタス(ウィリアムズ) *
7. サインツ(トロ・ロッソ) *
8. ヒュルケンバーグ(フォース・インディア) *
9. アロンソ(マクラーレン) *
10. ペレス(フォース・インディア) *
11. ベッテル(フェラーリ) *
12. マッサ(ウィリアムズ)
13. グロージャン(ハース)
14. グティエレス(ハース)
15. クビアト(トロ・ロッソ)
16. マグヌッセン(ルノー)
17. バトン(マクラーレン)
18. パーマー(ルノー)
19. ハリアント(マノー)
20. ウェーレイン(マノー)
21. ナスル(ザウバー)
22. エリクソン(ザウバー) *

* 印は変更のあったドライバー

|

« 今回も続いたバトン「ホームグランプリの不運」 | トップページ | ハロー(頭部保護装置)導入、2018年に延期説も »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/63894531

この記事へのトラックバック一覧です: イギリスGPスターティンググリッド:

« 今回も続いたバトン「ホームグランプリの不運」 | トップページ | ハロー(頭部保護装置)導入、2018年に延期説も »