« ハロー(頭部保護装置)導入、2018年に延期説も | トップページ | ロズベルグ(メルセデス)、ペナルティで3位に降格 »

2016/07/10

イギリスGPはハミルトン(メルセデス)優勝

Lewis Hamilton (C)Mercedes Motorsports
拡大します
10(日)午後、シルバーストーン・サーキットを舞台に伝統のイギリスGPの決勝レースが行われた。
決勝レーススタート前の天候は曇りだが、いつ雨が降り出してもおかしくないとのこと。
これを裏付けるように各車ウォームアップ走行を終え、グリッドに着いた頃から場所によって激しい雨に見舞われた。
湿度81%から92%へ、気温は19度から16度、路面温度は23度から17度へと急速に下がったが、一部陽差しも見えるというまさにブリティッシュ・ウェザー。
結局レースはセーフティカーのリード、ウェットタイヤでのスタートに。
なおエリクソン(ザウバー)はコクピットのサバイバルセルを交換したためピットスタートとなった。

6周目にレース開始。
インターミディエイトへの交換のため直ちにピットインするマシンも目立った。
7周目、ウェーレイン(マノー)がコースアウトしてバーチャル・セーフティカーに。
24周目、マッサ(ウィリアムズ)と争い10位を窺っていたアロンソ(マクラーレン)がコースアウトして14番手まで後退。
26周目ハリアント(マノー)がコースアウトしてストップ。
ベッテル(フェラーリ)にはマッサ(ウィリアムズ)を押し出したとして5秒加算のペナルティ。

結局レースはハミルトン(メルセデス)がポールTOウィン。
オーストリアGPに続く連勝で、今季4勝目、自身通算47回目の勝利。
2位ロズベルグ(メルセデス)、3位フェルスタッペン(レッドブル)、4位リカルド(レッドブル)、5位ライコネン(フェラーリ)、6位ペレス(フォース・インディア)7位ヒュルケンバーグ(フォース・インディア)、8位サインツ(トロ・ロッソ)、9位ベッテル(フェラーリ)、10位クビアト(トロ・ロッソ)。
マクラーレン・チームはバトン12位、アロンソ13位でポイント獲得はならなかった。

イギリスGPのレース結果はこちら
イギリスGPの画像はこちら

|

« ハロー(頭部保護装置)導入、2018年に延期説も | トップページ | ロズベルグ(メルセデス)、ペナルティで3位に降格 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/63897970

この記事へのトラックバック一覧です: イギリスGPはハミルトン(メルセデス)優勝:

» F1 2016 第10戦 イギリスGP [VAIOちゃんのよもやまブログ]
今季の長いF1ももうすぐ折り返し。第10戦はシルバーストーンでのイギリスGPです。改修以来高速サーキットからやや性格が変わったとはいえ、現チャンピオンのハミルトンの母国なので ... [続きを読む]

受信: 2016/07/13 00:03

» F1 2016 第10戦 イギリスGP [VAIOちゃんのよもやまブログ]
今季の長いF1ももうすぐ折り返し。第10戦はシルバーストーンでのイギリスGPです。改修以来高速サーキットからやや性格が変わったとはいえ、現チャンピオンのハミルトンの母国なので ... [続きを読む]

受信: 2016/07/13 00:06

« ハロー(頭部保護装置)導入、2018年に延期説も | トップページ | ロズベルグ(メルセデス)、ペナルティで3位に降格 »