« エクレストン氏、「イタリアGP消滅も辞さず」 | トップページ | フェラーリ、またロス・ブラウン氏に秋波 »

2016/07/20

ドイツGP用タイヤ、フォース・インディアがまた策

Tyre Work (C)Mercedes Motorsports
拡大します
来週末ホッケンハイムリンクで行われるドイツGPについて、ピレリが各ドライバー毎の選択タイヤを明らかにした。

今回ピレリが用意したドライタイヤはスーパーソフト、ソフト、ミディアムの3種類。
コースの特性からいずれのチームもスーパーソフトを主体に選択、ミディアムタイヤは1セットずつとなったが、唯一フォース・インディア・チームだけはそのミディアムタイヤをヒュルケンバーグ&ペレス共に3セットずつを選択して戦略を分けた。

フォース・インディアはこれまでもしばしばワンストップに挑むなど独自のタイヤ戦略を採用してきた経緯がある。

|

« エクレストン氏、「イタリアGP消滅も辞さず」 | トップページ | フェラーリ、またロス・ブラウン氏に秋波 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/63939903

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツGP用タイヤ、フォース・インディアがまた策:

« エクレストン氏、「イタリアGP消滅も辞さず」 | トップページ | フェラーリ、またロス・ブラウン氏に秋波 »