« バトン(マクラーレン)、「みんな速くなっている」 | トップページ | 予選Q1、クビアト(トロ・ロッソ)がクラッシュ »

2016/07/02

再びドライのフリー3回目、ロズベルグがクラッシュ

Sebastian Vettel (C)Ferrari S.p.A
拡大します
2日(土)午前11時(日本時間:午後6時)、オーストリアGPフリー走行3回目セッションがレッドブルリンクで行われた。
セッション開始時の天候は晴れで気温24度、路面温度42度、湿度は57%のドライコンディションで雨の心配はなさそうだ。

前半、王者メルセデスAMG勢はスーパーソフトでのロングランを試したが、リヤタイヤにブリスター(泡)が発生するケースもあるようでいささか気掛かりだ。
60分のセッションが残り約20分となった頃、タイムアタックに出たロズベルグ(メルセデス)が突然スピンしてガードレールにクラッシュ、マシンをかなり痛めた模様。
ビデオによればスピン直前に左のリヤサスペンションが損傷したことが窺われる。

赤旗中断となったセッションは残り12分で再開。
トップタイムを記録したのはベッテル(フェラーリ)で1'07.098。
これにチームメイトのライコネン(フェラーリ)が0.136秒で続いた。
3番手ハミルトン(メルセデス)でベッテルとは0.210秒差、4-5番手レッドブルのリカルド&フェルスタッペン、6-7番手ウィリアムズのボタス&マッサ、8番手ヒュルケンバーグ(フォース・インディア)、9-10番手にマクラーレンのバトン&アロンソが付けた。

オーストリアGPの画像はこちら

|

« バトン(マクラーレン)、「みんな速くなっている」 | トップページ | 予選Q1、クビアト(トロ・ロッソ)がクラッシュ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/63859481

この記事へのトラックバック一覧です: 再びドライのフリー3回目、ロズベルグがクラッシュ:

« バトン(マクラーレン)、「みんな速くなっている」 | トップページ | 予選Q1、クビアト(トロ・ロッソ)がクラッシュ »