« カナダGPフリー3回目、マグヌッセン(ルノー)がクラッシュ | トップページ | Q2はメルセデスAMG勢トップ、アロンソも突破 »

2016/06/12

予選Q1、ロズベルグが最速 マグヌッセン走れず

11日(土)午後、モントリオールのジル・ビルニューブ・サーキットを舞台にF1第7戦カナダGPの公式予選1がスタートした。
最初のQ1は18分間で戦われ、ベストタイムの遅い6台が脱落となる。
セッション開始時の天候は曇りで湿度73%、気温は15度、路面温度20度、路面はドライコンディションで雨の可能性は30%と報告されている。
なおフリー走行3回目セッション終盤にクラッシュしたマグヌッセン(ルノー)は、シャシーまで損傷があるとして予選欠場の見込みとなっている。

トップタイムを記録したのはロズベルグ(メルセデス)でベストタイム1'13.714。
2番手ベッテル(フェラーリ)で0.211秒差。
3番手リカルド(レッドブル)、4番手ハミルトン(メルセデス)、5番手ボタス(ウィリアムズ)、6番手ライコネン(フェラーリ)、7番手フェルスタッペン(レッドブル)、8番手ヒュルケンバーグ(フォース・インディア)、9番手サインツ(トロ・ロッソ)、10番手バトン(マクラーレン)の順。
アロンソ(マクラーレン)は14番手でクリア。

ここで脱落となったのはパーマー(ルノー)、ウェーレイン(マノー)、エリクソン(ザウバー)、ナスル(ザウバー)、ハリアント(マノー)、そして結局走れなかったマグヌッセン(ルノー)の6台となった。

|

« カナダGPフリー3回目、マグヌッセン(ルノー)がクラッシュ | トップページ | Q2はメルセデスAMG勢トップ、アロンソも突破 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/63764870

この記事へのトラックバック一覧です: 予選Q1、ロズベルグが最速 マグヌッセン走れず:

« カナダGPフリー3回目、マグヌッセン(ルノー)がクラッシュ | トップページ | Q2はメルセデスAMG勢トップ、アロンソも突破 »