« ロズベルグ、「ハミルトンにはむかついた」 | トップページ | エンジントラブルのバトン、「よくあること」 »

2016/06/13

ベッテル(フェラーリ)、「敗因は2羽のカモメ」

S.Vettel & L.Hamilton (C)Mercedes Motorsports
拡大します
スタートでトップに立ち、序盤はしっかりとレースをコントロールしていたベッテル(フェラーリ)だったが、結果的にはハミルトン(メルセデス)の逆転を許してまたも勝利を逸することとなった。

レース後ベッテルは複数の場所でその『原因』を訴えている。
「タイヤが暖まるまではハミルトン(メルセデス)をDRS(ドラッグ・リダクション・システム)圏外に留めるために大変なドライビングを強いられたよ。
ところがそんな僕のレースを台無しにする出来事があったんだ。
それは1コーナーでのこと。
クリップ地点にカモメのカップルがいたんだよ。
僕は彼らを轢かないためにブレーキングを強いられ、コーナリングラインも外したんだ。
もちろんそのためにかなりのタイムロスをしてしまった。
ところがこの男(ハミルトンのこと)はお構いなしにカモメに突っ込んだんだ。
幸いに彼らは身をかわして飛んでいったけれどね。
この男はそういうヤツだったんだ。
僕は生き物に優しくて親切な男だから、今日の敗因はこのカモメたちのせいだよ」

|

« ロズベルグ、「ハミルトンにはむかついた」 | トップページ | エンジントラブルのバトン、「よくあること」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/63771494

この記事へのトラックバック一覧です: ベッテル(フェラーリ)、「敗因は2羽のカモメ」:

« ロズベルグ、「ハミルトンにはむかついた」 | トップページ | エンジントラブルのバトン、「よくあること」 »