« いち早く『空のF1』で日本人が初優勝飾る | トップページ | ベッテル(フェラーリ)、「方向は正しいが予選で苦戦」 »

2016/06/06

マクラーレン、「ピレリ指定空気圧も苦戦の原因」

Pirelli Wet Tyre (C)McLaren Group
拡大します
先のモナコGPではみごとW入賞を果たしたマクラーレン・ホンダ・チームだったが、レース中のタイヤについては二人のドライバー共にグリップ不足を訴えていた。
レース後これについて同チームのエリック・ブイユ代表は、「ピレリが指定するタイヤ空気圧は高すぎる」と、その背景を指摘した。

様々なデータから、われわれのシャシーがこの難コースで高い順応力をみせたことは明白だ。
ただタイヤのグリップ不足から最高のパフォーマンスを引き出したとまでは言えない。
その原因は明らかなこと。
それは他チームからも指摘があるように、ピレリが指定するタイヤの空気圧が高すぎることにある。
彼らは安全面からそういうのだろうがシャシーの観点からは歓迎すべきこととは言えない」

一部に、他チームが空気圧を秘かにコントロールしているとの疑惑があることについて聞かれると、「われわれは自分自身の問題解決に懸命で、他チームがどうしているかなんて知らないよ」と、振り切った。

|

« いち早く『空のF1』で日本人が初優勝飾る | トップページ | ベッテル(フェラーリ)、「方向は正しいが予選で苦戦」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/63738463

この記事へのトラックバック一覧です: マクラーレン、「ピレリ指定空気圧も苦戦の原因」:

« いち早く『空のF1』で日本人が初優勝飾る | トップページ | ベッテル(フェラーリ)、「方向は正しいが予選で苦戦」 »