« FIAレースディレクター、排水口蓋の安全再確認 | トップページ | フェルスタッペン(レッドブル)、「学ぶべきこと多かった」 »

2016/06/01

ルノーとハース、カナダでスーパーソフトを無視

Ultrasoft Tyre (C)Haas F1 Team
拡大します
2016年のタイヤ規則では、F1タイヤ独占供給元であるピレリからレース毎に3種類のコンパウンドを用意、全13セット中の10セットは各チームがドライバー毎に自由に選択することができるようになった。

次戦カナダGPに合わせ、今回ピレリはモナコGPと同じくウルトラソフト、スーパーソフト、そしてソフトの3種類を用意しているが、11チームの中でルノー・チームとハースF1チームはいずれもスーパーソフトを選択せず2種類だけという奇策に出たことがわかった。
(他の9チームはいずれも3種類を選択)

これについて両チームともその理由について明確にしていないが、ウルトラソフトが初投入されたモナコGPの経験から、スーパーソフトとの差が大きくなく双方を選択する意味がないと判断されたことが原因とみられている。

|

« FIAレースディレクター、排水口蓋の安全再確認 | トップページ | フェルスタッペン(レッドブル)、「学ぶべきこと多かった」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/63713673

この記事へのトラックバック一覧です: ルノーとハース、カナダでスーパーソフトを無視:

« FIAレースディレクター、排水口蓋の安全再確認 | トップページ | フェルスタッペン(レッドブル)、「学ぶべきこと多かった」 »