« ベッテル(フェラーリ)、「敗因は2羽のカモメ」 | トップページ | 優勝ハミルトン(メルセデス)、「最高の週末になった」 »

2016/06/13

エンジントラブルのバトン、「よくあること」

Jenson Button (C)McLaren Group
拡大します
12日(日)行われたカナダGP決勝レースで、ポイント獲得が窺えるポジションを走行していたマクラーレン・ホンダ・チームのジェンソン・バトンだったが、まだ序盤の9周目、いきなり大きな白煙を上げてストップした。

「燃費が厳しいサーキットなので、最初からDRS(可変リヤウィング)をなるべく作動させるなどできるだけ燃料をセーブしていたんだ。
あのままレース終盤まで走れたら、これがきっと大きな財産になった筈だったんだけどね。
端末に異常を感じたので、チームに無線でこれを伝えた直後、ミラーに大量の煙と火花が見えたので、まだエンジンは生きていたけれどあわててマシンをコースサイドに止めたんだ。
事前にトラブルの予兆もなく、どうすることもできなかった。
でも、レースをしていればこういうのは良くあることさ」

トラブルの詳細についてチームは究明中としているが、煙の量と炎の大きさからエンジンブローではないかと周囲からはみられている。

|

« ベッテル(フェラーリ)、「敗因は2羽のカモメ」 | トップページ | 優勝ハミルトン(メルセデス)、「最高の週末になった」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/63771902

この記事へのトラックバック一覧です: エンジントラブルのバトン、「よくあること」:

» F1カナダGP(2016 R7) [UKYOのつぶやき]
F1第7戦カナダGP! [続きを読む]

受信: 2016/06/18 15:35

« ベッテル(フェラーリ)、「敗因は2羽のカモメ」 | トップページ | 優勝ハミルトン(メルセデス)、「最高の週末になった」 »