« Q2、アロンソ(マクラーレン)も脱落 | トップページ | ペレス(フォース・インディア)、「ポールを失う感じ」 »

2016/06/18

バクーの初代ポールシッターはロズベルグ(メルセデス)

Nico Rosberg (C)Mercedes Motorsports
拡大します
引き続きヨーロッパGPはドライコンディションで12分間による最終予選Q3が行われた。

ただ1回のタイムアタックに掛けたハミルトン(メルセデス)は再び15コーナーでブレーキングで痛恨のミス。
急きょ2度目のアタックに出たものの今度は11コーナーのイン側にマシンをクラッシュさせ、セッションは残り2分で赤旗中断となったが、僚友ロズベルグがその直前に1'42.758のトップタイムを記録してバクー市街地特設コース初代のポールシッターに輝いた。
ロズベルグのポールはロシアGP以来となる今季3回目、自身通算25回目の快挙になる。

2番手はこの週末好調を続けたペレス(フォース・インディア)だが、ギヤボックス交換をしているため明日の決勝レースでは痛恨の予選グリッド5番降格ペナルティを受ける。
3番手はセッション再開後にタイムを出したリカルド(レッドブル)。
これにまったくの同チームでベッテル(フェラーリ)が並んだが、レギュレーション上、先にタイムを出したリカルドが上位となった。
5番手ライコネン(フェラーリ)、6番手マッサ(ウィリアムズ)、7番手クビアト(トロ・ロッソ)、8番手ボタス(ウィリアムズ)、9番手フェルスタッペン(レッドブル)、そして10番手がハミルトン(メルセデス)という結果になった。
ただこのコースはオーバーテイクがやりやすいとみられるため、ハミルトンも明日はかなり挽回することだろう。

ヨーロッパGP公式予選の結果はこちら
ヨーロッパGPの画像はこちら

|

« Q2、アロンソ(マクラーレン)も脱落 | トップページ | ペレス(フォース・インディア)、「ポールを失う感じ」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/63797620

この記事へのトラックバック一覧です: バクーの初代ポールシッターはロズベルグ(メルセデス):

» F1ヨーロッパGP(2016 R8) [UKYOのつぶやき]
F1第8戦ヨーロッパGP!(アゼルバイジャン・バクー) [続きを読む]

受信: 2016/06/19 08:45

« Q2、アロンソ(マクラーレン)も脱落 | トップページ | ペレス(フォース・インディア)、「ポールを失う感じ」 »