« 初体験バクー市街地コース、主流はスーパーソフト | トップページ | レッドブル、ダニエル・リカルドに複数年契約呈示 »

2016/06/16

ハミルトン(メルセデス)、「クラッチ問題解決が課題」

Start Scene (C)Mercedes Motorsports
拡大します
カナダGPでは結果的にポールTOウィンを果たしたものの、メルセデスAMGチームのルイス・ハミルトンはまたしてもスタートで出遅れる結果となった。
これについてハミルトンは「クラッチの問題を解決するのがいまやるべき課題だ」と、レース後述べた。

「フロントロウから2台がスタートしたのに、1コーナーに最初に飛び込んだのが紅いマシンだったというのは許せないよ。
なんのために一生懸命予選を戦ったのか、意味がなくなるからね。
今シーズンはこれまでしばしば同じことが起きてきた。
データをみると、操作は正しくやっているんだけどね。
おそらくスタート時にクラッチの温度が上がりすぎてペダルを話した時に十分なトルクを伝達できないようだ。
同じ症状はロズベルグのほうにも出るようだけど、明らかに僕のほうの被害が多い。
シーズンはまだ長いので、これを早く解決しないと」

今シーズン、スタートで出遅れるハミルトンをフアンは何回も見てきたのが現実だ。

|

« 初体験バクー市街地コース、主流はスーパーソフト | トップページ | レッドブル、ダニエル・リカルドに複数年契約呈示 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/63785018

この記事へのトラックバック一覧です: ハミルトン(メルセデス)、「クラッチ問題解決が課題」:

« 初体験バクー市街地コース、主流はスーパーソフト | トップページ | レッドブル、ダニエル・リカルドに複数年契約呈示 »