« カナダGPスターティンググリッド | トップページ | ロズベルグ、「ハミルトンにはむかついた」 »

2016/06/13

カナダGPはハミルトン(メルセデス)が連続優勝飾る

Lewis Hamilton (C)Mercedes Motorsports
拡大します
12(日)午後、F1第7戦カナダGPが行われた。
決勝レーススタート前の天候は曇りだがわずかに雨の報告もあって心配される。
湿度58%で気温は12度、路面温度は22度で、今年最も低い部類に入るだろう。

スタートではベッテル(フェラーリ)が1コーナーを制しいきなりトップに。
メルセデスAMG勢はチームメイトどうし接触してロズベルグが大きく後退するハプニングに。
11周目、最初のリタイヤはなんとマクラーレン・ホンダのバトンだった。
大きく白煙を上げた様子はエンジンブローとみられる。

結局タイヤ戦略の違い等もあり優勝したのはポールポジションからスタートしたハミルトン(メルセデス)。
前戦モナコに続く連勝で今季2勝目。
自身通算45回目の優勝で、またここカナダでは現役最多の5勝目となった。
(最多はミハエル・シューマッハの7勝)

2位はハミルトンと異なる2ストップ作戦で勝負し、結局逆転されたベッテル(フェラーリ)で5.011秒の差だった。
3位はウィリアムズのボタスで表彰台は昨年のメキシコGP以来で今季最上位となる。
4位はメルセデスAMGの追撃を凌いだフェルスタッペン(レッドブル)。
5位はスタートで出遅れ、これを取り戻すことができなかったロズベルグ(メルセデス)で、チャンピオンシップにおいても流れをチームメイトに奪われる結果となった。
続いて6位ライコネン(フェラーリ)、7位リカルド(レッドブル)、8位ヒュルケンバーグ(フォース・インディア)、9位サインツ(トロ・ロッソ)、10位ペレス(フォース・インディア)でここまでが入賞。

以下、11位アロンソ(マクラーレン)、12位クビアト(トロ・ロッソ)、13位グティエレス(ハース)、14位グロージャン(ハース)、15位エリクソン(ザウバー)、16位マグヌッセン(ルノー)、17位ウェーレイン(マノー)、18位ナスル(ザウバー)、19位ハリアント(マノー)でここまでが完走。
リタイヤはマッサ(ウィリアムズ)、パーマー(ルノー)、そしてバトン(マクラーレン)の3台となった。

次戦は連続開催のヨーロッパGPで舞台はアゼルバイジャンのバクー市街地特設コースとなる。

カナダGP決勝レースの結果はこちら
カナダGPの画像はこちら

|

« カナダGPスターティンググリッド | トップページ | ロズベルグ、「ハミルトンにはむかついた」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/63770298

この記事へのトラックバック一覧です: カナダGPはハミルトン(メルセデス)が連続優勝飾る:

» F1 2016 第7戦 カナダGP [VAIOちゃんのよもやまブログ]
伝統のモナコGPを終え、F1サーカスはカナダへ。第7戦カナダGPは水と緑のジル・ビルヌーブサーキットでの開催。エスケープゾーンが狭くセーフティーカーが出やすいこのコース、毎年荒 ... [続きを読む]

受信: 2016/06/15 00:00

» F1カナダGP(2016 R7) [UKYOのつぶやき]
F1第7戦カナダGP! [続きを読む]

受信: 2016/06/15 23:41

« カナダGPスターティンググリッド | トップページ | ロズベルグ、「ハミルトンにはむかついた」 »