« ホンダ、「新型エネルギー回生システムはメルセデス並」 | トップページ | リカルド、「レッドブル復調にはチームメイトの貢献」 »

2016/06/27

FIA、ペナルティならぬ『セーフティ・ポイント』検討

FIA
現在F1レギュレーションではペナルティに該当する違反行為をした場合に、ペナルティ・ポイントを科し、連続した12か月間に累計ポイントが12に達すると1レースの出場停止となる。
一方、これとは反対に、新たに『セーフティ・ポイント』と称されるシステムの導入をFIA(国際自動車連盟)が考えていることがわかった。

このほどトリノで行われたWMSC(世界モータースポーツ評議会)では検討されたのは、「ペナルティ・ポイントのシステムがどうにゆうされているシリーズにフル参戦したドライバーが、1年間ペナルティを受けなかった場合には、逆に2点のチャンピオンシップ・ポイントが与えられる」というものだ。

詳細についてはこれからさらに詰められるというが、場合によってはこのセーフティ・ポイントの結果でチャンピオンシップの行方が左右されるケースもありそうだ。

|

« ホンダ、「新型エネルギー回生システムはメルセデス並」 | トップページ | リカルド、「レッドブル復調にはチームメイトの貢献」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/63835022

この記事へのトラックバック一覧です: FIA、ペナルティならぬ『セーフティ・ポイント』検討:

« ホンダ、「新型エネルギー回生システムはメルセデス並」 | トップページ | リカルド、「レッドブル復調にはチームメイトの貢献」 »