« トロ・ロッソ、サインツの来季オブション権行使 | トップページ | オーストラリアGPの週末は雷雨の心配も »

2016/06/30

ニキ・ラウダ氏、「安全なF1なんて……」

Niki Lauda (C)Ferrari S.p.A
拡大します
ドライバーの安全を確保するため、すでにF1マシンは頑健なコクピットの中に昔では考えられないほど埋もれるような姿勢を強いられているが、FIA(国際自動車連盟)は今週さらに頭部を守る『ハロー(頭部保護装置)』の導入に向け最終テストを行うことになっている。

しかしこうした動きについて、元3回のF1チャンピオンで、自身九死に一生を得る壮絶な大アクシデントに見舞われた経験を持つニキ・ラウダ氏(67歳:オーストリア)は「安全に守られすぎたF1は魅力を欠く」と、独自の見解を明らかにしている。

「いいかい、われわれが走っていた当時と比べれば、すでにマシンやコースの改良によってモーターレーシングは桁違いに安全なものになっているんだ。
私に言わせれば今日ほどこのF1が安全であったことはない。
もちろんドライバーの安全確保は大事なことだが、あまりにもそれを追求し過ぎると逆にF1の魅力を欠くものになってしまうよ。
はっきり言えば、このスポーツにおいては安全性と危険性とのバランスが肝心なんだ。
だから過度にリスクを排除して安全なものに走れば、F1からファンが次第に離れていく結果にもなりかねないね」と、警告した。

|

« トロ・ロッソ、サインツの来季オブション権行使 | トップページ | オーストラリアGPの週末は雷雨の心配も »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/63847753

この記事へのトラックバック一覧です: ニキ・ラウダ氏、「安全なF1なんて……」:

» 安全なF1なんて・・・ [Kyan's BLOG V]
ニキ・ラウダ氏、「安全なF1なんて……」: FMotorsports F1 まぁ,おっしゃりたいことはわかります。 でも私はクローズでコックピットの射出座席派(爆) スタート直後の多重クラッシュで豪快に打ち上げパラシュートの花が咲くのが見たい(笑) 参考 ニキ・ラウダ - Wikipedia 関連 堅固派のニキ・ラウダ | Kyan's BLOG V (2014/03/19付) 伝説のF1チャンピオン ニキ・ラウダ/33日間の死闘 [DVD] ... [続きを読む]

受信: 2016/06/30 19:44

« トロ・ロッソ、サインツの来季オブション権行使 | トップページ | オーストラリアGPの週末は雷雨の心配も »