« トロ・ロッソ、セルジオ・カマラをテストに起用へ | トップページ | ホンダ、エンジン供給チーム拡大に意欲も »

2016/06/29

メルセデスAMGチームによる空気圧トリックが発覚か

Grid Image (C)Mercedes Motorsports
拡大します

F1では低すぎるタイヤ空気圧による危険性防止のため、独占供給するピレリから最低空気圧が指定されているが、一部チームはこの制限をかいくぐっているのでは、との指摘がなされてきた。
これについてドイツの専門誌『アウト・ビルド・モータースポルト』が、メルセデスAMGチームのやりかたとするトリックを紹介して波紋を呼んでいる。

それによれば、フォーメーションラップ前の空気圧チェックのあと、ブレーキ等の温度を保つためマシンの四隅に装着されたデバイスにより、スタート直後に外部からはわからない方法で空気圧を下げていたというもの。

まだ実態は不明だが、これが事実であればFIA(国際自動車連盟)による処分も考えられ、大きな騒動になりそうだ。

|

« トロ・ロッソ、セルジオ・カマラをテストに起用へ | トップページ | ホンダ、エンジン供給チーム拡大に意欲も »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/63842923

この記事へのトラックバック一覧です: メルセデスAMGチームによる空気圧トリックが発覚か:

« トロ・ロッソ、セルジオ・カマラをテストに起用へ | トップページ | ホンダ、エンジン供給チーム拡大に意欲も »