« ヨーロッパGPのスチュワードはデレック・デイリー氏 | トップページ | ルノー・チーム、スペアシャシーなし『背水の陣』 »

2016/06/17

ホンダ、2017年はパワーユニットのレイアウト変更も

Honda V6 Power Unit(C)Honda Racing
拡大します
2015年シーズンのF1参戦以来、開発を制限する現在のF1レギュレーションに苦しめられてきたとみられるホンダだが、こうした縛りが解除される2017年にはパワーユニットの大幅な変更が検討されているとのことだ。

これについてホンダF1プロジェクトの総責任者である長谷川祐介氏は、次のように語っている。
「現在の厳しいトークン。システムは開発の余地とスピードを抑えるもので、とりわけ後発のわれわれには厳しいものだった。
それがなければ今年、少なくともフェラーリとは同等のレベルに達していた筈と自負しているくらい。
しかし来年こうした制限がなくなれば、パワーユニット全体のレイアウトをはじめERS(エネルギー回生システム)やターボチャージャー、それにエンジン内部の燃焼システムのアイデアなどわれわれが試したい事柄は山のようにある」と、目を輝かせた。

ただ他チームも同じとはいえ、来季用の開発と同時に現行パワーユニットの熟成も図らなくてはならず、エンジン開発現場のプレッシャーは半端ではないようだ。

|

« ヨーロッパGPのスチュワードはデレック・デイリー氏 | トップページ | ルノー・チーム、スペアシャシーなし『背水の陣』 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/63789489

この記事へのトラックバック一覧です: ホンダ、2017年はパワーユニットのレイアウト変更も:

« ヨーロッパGPのスチュワードはデレック・デイリー氏 | トップページ | ルノー・チーム、スペアシャシーなし『背水の陣』 »