« 歴史的勝利のロズベルグ(メルセデス)、「人馬一体だった」 | トップページ | アロンソ(マクラーレン)のトラブルはギヤボックス »

2016/06/20

ニコ・ロズベルグ、スーパーソフト – ソフトと繋ぐ 1 ストップ戦略で、 バクーでの初開催グランプリを制す

(C)Pirelli Motorsport
拡大します
2016 ヨーロッパグランプリ 決勝
・予想よりも高くなった気温によって、1 ストップから 2 ストップへの変更を余儀なくされたチームもあった
・50℃を超える路面温度がレース中もさほど低下しなかった状況にも関わらず、 デグラデーションは低いレベルに

2016年6月19日、バクー
メルセデスのニコ・ロズベルグが、アゼルバイジャンで初開催となるグランプリを制しました。ポールポジション からスタートしたロズベルグは、スーパーソフトからソフトへと繋ぐ 1 ストップ戦略を採り、一度もトップを譲ること はありませんでした。

1 ストップ戦略を採った上位 6 名は、いずれもスーパーソフトでスタートし、8 周目から 21 周目の間にソフトへと 交換しました。8 周目でピットストップを行ったフェラーリのキミ・ライコネンの場合、ソフトタイヤで 43 周のスティ ントを走行したことになります。フリー走行や予選時よりも高温になったことで摩耗率が高くなりましたが、多くの 1 ストッパーが見られました。

ソフトタイヤでスタートした 3 名中の最上位ドライバーは、12 番グリッドからスタートして 9 位を獲得したフォー ス・インディアのニコ・ヒュルケンベルグでした。ヒュルケンベルグも 1 ストッパーでしたが、2 ストッパー中の最上 位ドライバーは、レッドブルのダニエル・リカルドでした。リカルドは、アゼルバイジャン用に選択された全 3 種類 のスリックコンパウンド(スーパーソフト、ソフト、ミディアム)を使用しました。チームメイトのマックス・フェルスタッ ペンも同じ戦略を採用しました。

マノーのパスカル・ウェーレインは、ソフトタイヤで 29 周の長い第 1 スティントを走行後ミディアムへ交換する戦略を採りましたが、リタイヤに終わりました。対照的に、ルノーのケビン・マグヌッセンは、ソフトタイヤで 46 周の長い最終スティントを走行しました。マノーのリオ・ハリアントは、これを上回る 48 周の最終スティントを走行しま した。

ピレリジャパン・プレスリリース

ピレリ・モータースポーツ・ダイレクター ポール・ヘンベリーのコメント: 「バクーでのグランプリには数々の驚 きが詰まっていました。まず、路面温度が、レースの 3 分の 1 を経過した段階でもなお 50℃を超えており、その 後の低下もわずかだったことです。次に、確実と思われていたセーフティーカー導入が発生しなかったことも挙 げられます。予測通り、1 ストップによる優勝となりました。長いラップと非常に速いトップスピードという特性にも 関わらず、高い摩耗率と低いデグラデーションレベルとなりました。見応えのあるトラック上で試みられた多彩な 戦略の中には、ロズベルグ優勝の鍵となったスーパーソフトによるロングスティントがありました」

                                                                                                                                 
コンパウンド毎のラップタイム上位:
ミディアム      ソフト     スーパーソフト   
1 フェルスタッペン 1 分   46 秒 973 ロズベルグ 1 分   46 秒 485 グティエレス 1 分   47 秒 563
2 リカルド 1 分   47 秒 736 ハミルトン 1 分   46 秒 822 パーマー 1 分   47 秒 583
3 グロージャン 1 分   47 秒 943 ペレス 1 分   46 秒 990 ヒュルケンベルグ 1 分   48 秒 012
             
最長スティント:
ミディアム 31   周(フェルスタッペン)          
             
ソフト 48   周(ハリアント)          
スーパーソフト 31   周(ヒュルケンベルグ)          

Truthometer:
我々は、スーパーソフトでスタートし、22 周目にソフトへ交換する 1 ストップを最速戦略と予測しました。ロズベ ルグは、ほぼ同じ戦略を採り、21 周目にピットストップを行いました。

|

« 歴史的勝利のロズベルグ(メルセデス)、「人馬一体だった」 | トップページ | アロンソ(マクラーレン)のトラブルはギヤボックス »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/63805061

この記事へのトラックバック一覧です: ニコ・ロズベルグ、スーパーソフト – ソフトと繋ぐ 1 ストップ戦略で、 バクーでの初開催グランプリを制す:

« 歴史的勝利のロズベルグ(メルセデス)、「人馬一体だった」 | トップページ | アロンソ(マクラーレン)のトラブルはギヤボックス »