« 苦戦ルノー・チームにドライバー交代の噂 | トップページ | 佐藤琢磨(ホンダ)、インディ500予選は12番手 »

2016/05/23

ホンダ責任者、「トークン規制なくなれば」

Powered by Honda (C)McLaren Group
拡大します
新しいコンセプトでF1に切り込んだマクラーレン・ホンダだったが、1年遅れの参入は決定的なハンディとなった。
これはトークン・システムを介することにより、後続のパワーユニットに関する開発に強い規制が掛けられてしまったためだ。

これについてホンダF1プロジェクト総責任者の長谷川祐介氏は、次のように語っている。
「残念ながら現在のルールでは、いったん投入したパワーユニットの変更がほとんどできない。
トークン数も限られているので改良したくてもできないというジレンマだ。
そうした意味で2017年にはこうしたトークン規制がなくなるので状況は大幅に改善されることと思う。
まだパワーユニットの詳細について決めてはいないが、デザインできる部分が広くあるというのは技術者にとってはとてもやり甲斐のあることだ」

今季のものの改善を図りながら同時に2017年用パワーユニットを開発するというのは、どのエンジン・メーカーにとっても困難なこととはいえ、挽回を期すホンダにとっては「うれしい」忙しさだろう。

|

« 苦戦ルノー・チームにドライバー交代の噂 | トップページ | 佐藤琢磨(ホンダ)、インディ500予選は12番手 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/63671067

この記事へのトラックバック一覧です: ホンダ責任者、「トークン規制なくなれば」:

« 苦戦ルノー・チームにドライバー交代の噂 | トップページ | 佐藤琢磨(ホンダ)、インディ500予選は12番手 »