« 突然の昇格フェルスタッペン、「自分が一番驚いた」 | トップページ | オコン(ルノー)、バルセロナ合同テストにも参加 »

2016/05/08

クビアト(レッドブル)の降格は内紛トバッチリ説も

STR Duo (C)Scuderia Toro Rosso
拡大します
シーズン中にもかかわらず、突然発表されたマックス・フェルスタッペン(トロ・ロッソ)とダニール・クビアト(レッドブル)の交代劇には、このところアクシデント続きであるクビアトに対するペナルティの意味合いがあるとみられていたが、実はそれよりもトロ・ロッソチーム内の内紛が主な原因であるとの見方が伝えられている。

フェルスタッペンは元F1ドライバーであるヨス・フェルスタッペン氏の子息、またチームメイトのサインツ・ジュニアは元WRC(世界ラリー選手権)チャンピオンであるカルロス・サインツ氏の子息で、いずれの親もまた強烈な個性のステージパパであることが知られている。
そのふた家族のバトルに、さらに担当エンジニアまで加わっての騒動は、すでにチーム首脳にも御せないほどにエスカレートしているのだという。

そのためレッドブル・グループ全体のレーシング・アドバイザーであるヘルムート・マルコ博士が今回の「英断」を下したというのが急浮上した見解だ。
ただフェルスタッペンを高く買っていたレースエンジニアのセヴィ・プホラール氏は同選手の「栄転」にもかかわらず自身は事実上更迭の浮き目に遭っている。

|

« 突然の昇格フェルスタッペン、「自分が一番驚いた」 | トップページ | オコン(ルノー)、バルセロナ合同テストにも参加 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/63597035

この記事へのトラックバック一覧です: クビアト(レッドブル)の降格は内紛トバッチリ説も:

« 突然の昇格フェルスタッペン、「自分が一番驚いた」 | トップページ | オコン(ルノー)、バルセロナ合同テストにも参加 »