« 捨てバイザー、曖昧な規制に困惑も | トップページ | モナコGPフリー3回目、ベッテル(フェラーリ)が最速タイム »

2016/05/28

マクラーレン、高まるバンドーンへの評価を牽制

Stoffel Vandoorne (C)McLaren Group
拡大します
モナコGPのパドックで、現マクラーレン・チームのテストドライバー、ストッフェル・バンドーン(23歳:ベルギー)の名前がしばしば話題に上がっているという。

これについてマクラーレン・チームのロン・デニス/CEOは、「複数のチームがバンドーンに対して関心を示しているというのは知っているよ。
彼には確かに非凡な才能がある。
加えて学習の努力を惜しまない勤勉な若者でもあり、急速に成長しつつある。
間違いなく将来の成長株だ。
ただ彼はわれわれマクラーレン・ホンダの長期プログラムにおいて重要な駒の一つ。
彼自身もそれはよく理解している筈だ。
もしも他チームが彼を獲得したいと思うなら、それは大きな思い違い、無駄な努力だと言いたいね」と、切り捨てた。

今週、モーターレーシング界はビッグイベントが目白押し。
それは日本も同様で、今季ホンダを介して国内最高峰スーパー・フォーミュラに参戦するバンドーン自身は今回モナコには帯同していない。

|

« 捨てバイザー、曖昧な規制に困惑も | トップページ | モナコGPフリー3回目、ベッテル(フェラーリ)が最速タイム »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/63694160

この記事へのトラックバック一覧です: マクラーレン、高まるバンドーンへの評価を牽制:

« 捨てバイザー、曖昧な規制に困惑も | トップページ | モナコGPフリー3回目、ベッテル(フェラーリ)が最速タイム »