« ベッテル(フェラーリ)がクビアト(レッドブル)に怒り | トップページ | アロンソ(マクラーレン)、「これからは常にポイント圏内目指す」 »

2016/05/02

長谷川祐介(ホンダF1責任者)、「両ドライバーに感謝」

McLaren Duo (C)McLaren Group
拡大します
今季開幕4戦目にしてやっと狙い通りのW入賞を果たしたマクラーレン・ホンダ・チーム。
ホンダF1プロジェクト総責任者の長谷川祐介氏が次のようにその喜びを明らかにした。

「2台共が入賞という結果が得られてほんとうにうれしく思う。
二人のドライバーはいずれもベテランらしくオープニングラップでの混乱を切り抜け、終始ポイント圏内でバトルを繰り広げるというエキサイティングなシーンをみせてくれた。
戦略的にはワンストップというマシンコントロールが難しいものだったが、ドライバーがよくまとめてくれて感謝している。
こうして少なくとも中団グループでは十分に戦えるポテンシャルがあることが確認できたので、次からの本格的なヨーロッパ・ラウンドではさらに引き締めて期待に応えたい」

これまでリザーブドライバーのバンドーンだけがポイント・ランキングに名を示すという不本意な同チームだったが、これで同ランキングに3人の名前が連なるということになった。

|

« ベッテル(フェラーリ)がクビアト(レッドブル)に怒り | トップページ | アロンソ(マクラーレン)、「これからは常にポイント圏内目指す」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/63567627

この記事へのトラックバック一覧です: 長谷川祐介(ホンダF1責任者)、「両ドライバーに感謝」:

« ベッテル(フェラーリ)がクビアト(レッドブル)に怒り | トップページ | アロンソ(マクラーレン)、「これからは常にポイント圏内目指す」 »